年齢ごとの勃起不全の原因

EDは心因性と器質性に分類することができます。年代によってその内訳が少し違ってきています。30代40代では心の問題が原因で起こる心因性の割合が多いようです。50代以上になると、反対に器質性の原因の割合が増えてきます。

 

以前なら、勃起不全の症状で悩んでいる年代は40代以上と決まっていましたが、今では20代から症状が表れる人が出てきており、問題に関心が集まっています。

 

バイアグラの個人輸入なども認められるようになりましたが、勃起不全治療薬とは言っても一時的に勃起機能を回復するだけのもので、薬の効果が切れると、どうすることもできないのが現状です。バイアグラは勃起不全の根治には向いていないのです。

 

年齢を重ねてくると体のあちこちに問題が起こってきます。血管の障害、男性ホルモン分泌の低下、持病の治療薬による副作用など勃起不全の原因となる事案がどんどん増えてくるのです。

 

勃起不戦の治療に病院を音連れる人の割合は、意外なことに30代が一番多いといわれています。高齢者の患者もいることはいるのですが、割合から言うと4人に一人が30台と言う統計が出ています。さらに、勃起不全の症状を自覚していても、治療を始めない人がかなりの数いるといわれているので、この問題は深刻化するかもしれません。